孤独のグルメ season7 5話の見逃し@無料動画はコチラ!

別動画サイト

孤独のグルメ season7 5話の情報

タイトル : 東京都荒川区三河島の緑と赤の麻婆豆腐
放送日 : 2018年5月4日
視聴率 : 3.5%

ゲスト出演者

中山忍 岡田義徳

孤独のグルメ season7 5話のロケ地と紹介料理


住所:東京都荒川区西日暮里1-4-12 コーポこだま 102

TEL:03-6806-5232

最寄り駅:JR常磐線「三河島駅」徒歩2分

営業時間:
11:30~14:30
17:00~23:00(20時最終入店)

定休日:日曜日(不定休)

孤独のグルメ season7 5話のストーリー内容

三河島駅近郊の店舗街を威張って歩いていた井之頭五郎(松重豊)は、考えず焼き鳥店先で足を休止する。 その部分には店主と客が談笑する旧態依然とした景色が。五郎はお店で焼き鳥を旨そうに頬張る男児を見詰めてしまいああいった五郎に男児は焼き鳥を供給して危なく手を伸ばそうとしちゃうが…そこは成人の対応、後ろ髪をひかれものの交渉先へと出かける。

当日向かったのは小売店街のある空き小売店。 ここでスウィーツの量り取り扱いの店を出そうと考えている杉山(中山忍)からの依託で小児も入れるお店を制作したいとインテリアデザインの依託だった。

すり合わせも終わり帰り支度をしていると、杉山から渡されたのは「キムチ」近くに美味しい専門店もあると五郎の心中はサウスコリアモードに…。 キムチ片手に大通りに飛び立ちた五郎はお店でこれまでになかったキムチをプラスアルファ買って、改めてご飯を食べてくれるお店を探る結果に。

道路裏を足取りいた五郎は『麻婆豆腐専門店』としたためられた軒屋根を捜しあてる。韓国モードであった五郎だが麻婆一筋の心意気にシビれ店舗内に入ると、若そうな店主(岡田義徳)が自身だけ。 辛さが5段階ある当ショップの麻婆豆腐は、通常の赤を手始めに、白、黒、緑、燻製があり麻婆ではないメニューも十分ある。

悩み五郎がチョイスしたのは「ザーサイのネギ生姜合え」と「ワンタン入り滋養スープ」 そして「海老と大葉のハルマキ」と「豚ヒレと野菜の五目ハルマキ」麻婆豆腐は野菜ベースの「緑の麻婆」に決めておいた。色押しのメニューがある中から決めておいた中国茶は「白茶」に決定する。

中国茶の奥深しさに惑いされのにもかかわらず生じてきた料理や 「緑の麻婆」 を食べていたが、他のお客が要請した「赤の麻婆豆腐」の迫力に我慢づよさしきれず「赤」も追加注文行なってしまう。麻婆豆腐2種類を食べきり満足して三河島を後にするのだった。

動画サイトの見方と注意

Dramacoolでの見かた

Dramacool で見る場合は真ん中の再生ボタンをクリックします。
この時、別画面で広告が何回か表示されますがそれは全部「×」で閉じてしまってください

強制的に広告ページを見た後に動画が再生されます。
動画が再生されればあとはyoutubeと同じで最後まで見ることができます。

再生速度が遅いときは

動画再生が遅いときは、見る動画サイトを変更してみてください。
アップロードされている動画サイズが大きいと途中で止まったりする事があります。

その場合はしばらく停止して10分ほどまってからまた見るとスムーズに見れることがあります。

見放題