孤独のグルメ season7 6話の見逃し@無料動画はコチラ!

別動画サイト

孤独のグルメ season7 6話の情報

タイトル : 浦安市の真っ黒な銀ダラの煮付
放送日 : 2018年5月11日
視聴率 : 3.6%

ゲスト出演者

阿知波悟美 日野陽仁 ふかわりょう

孤独のグルメ season7 6話のロケ地と紹介料理

住所:千葉県浦安市北栄4-16-5

最寄り駅:「浦安駅」より徒歩10分

営業時間:
ランチ 11:00〜14:00
ディナー 16:30〜19:00

定休日:日曜日

孤独のグルメ season7 6話のストーリー内容

当日の交渉先は千葉県浦安市にあるペットギャラリー、スケジュールよりほんの少し早くて到着してしまった井之頭五郎(松重豊)。交渉相手のお店には誰もおらず時間を潰しがてら、あまりの可愛さに思わず手を伸ばし小型犬を愛でていた。

とその時、店長の奥田(ふかわりょう)と店員が店に帰り、五郎は不審者の如く怪しまれちゃうが、この先誤解は晴れ優柔不断な店長ともすり合わせはさくさくと作成された。

ひと現職終え空腹を迎えた五郎は、ランチができるよう浦安の街へ出掛ける。

海が近い浦安なら新しい魚を置いているお店が見られると思い歩くが、お昼に営業から遠ざかっていた店のみで路頭に困っていた。その際、視線の先に“魚や”としたためられた食事処「羅甸(ラテン)」の看板が眼につまり期待値が上がった五郎は店舗内へ。

大将(日野陽仁)と女将(阿知波悟美)に迎えられ、早速献立に目を向けると、焼き魚、煮魚、刺身、フライなど多岐にわたる魚定食が、さらに壁には “ご飯3杯目より料金必要”としたためられたポスターを見つけ、おかわり率が尋常じゃなくおっきいと読んだ五郎の興味はさらに激しくなりいく。

サバの味噌煮と銀ダラの煮つけで迷いに当惑して五郎が選んだコースは「銀ダラの煮付けお刺身付けて」と「沖縄産生もずく」 運見つけられてきた銀ダラはビジョンとはおおズレで【真っ黒な岩のような固まり】その見た目に面食らう。

さらに 一口盛り込めば銀ダラと銀のめしのラリーがとまらなくなるほどその味の美しさに凄いことに「マグロ」と「イカ」のお刺身と定食という場合くる小鉢。「沖縄産もずく」と共にご飯を2杯一気に食べ切ってしまう。

最後は皿に残った長年プラスしで成熟された煮つけのタレを半ライスで絡め食べ、大満足で浦安を後にする。

動画サイトの見方と注意

Dramacoolでの見かた

Dramacool で見る場合は真ん中の再生ボタンをクリックします。
この時、別画面で広告が何回か表示されますがそれは全部「×」で閉じてしまってください

強制的に広告ページを見た後に動画が再生されます。
動画が再生されればあとはyoutubeと同じで最後まで見ることができます。

再生速度が遅いときは

動画再生が遅いときは、見る動画サイトを変更してみてください。
アップロードされている動画サイズが大きいと途中で止まったりする事があります。

その場合はしばらく停止して10分ほどまってからまた見るとスムーズに見れることがあります。

見放題