相棒シーズン1 12話 最終回 特命係、最後の事件 無料動画はコチラ

相棒シーズン1 12話の情報

タイトル :特命係、最後の事件
放送日 :2002年12月25日
視聴率 :13.0%

ゲスト出演者

川端蘭子 – 池脇千鶴 (柳田幹夫の娘。)
北条晴臣 – 長門裕之 (元外務省条約局長)
石嶺小五郎 – 森本レオ (SATの一員)
萩原壮太 – 内藤剛志 (SATの一員、現富士見署の課長)
鈴原啓介 – 川島宏知 (料理人)

相棒シーズン1 12話のキーワード

閣下
過去の事件隠蔽
篭城事件
突入後 部下死亡

相棒シーズン1 12話のストーリー内容

15年よりも前に外務省公邸人質篭城ある事例の人質が3名信用できない死を得ていることこそが伝わる。
事の真相を求めないならならなければ右京はスタートを切る。
人質事件その当時居たスタッフの役職と死因は・・

柳田幹夫は中近東アフリカ局長、人質事件独特の被害に遭った人。
山本俊彦は大臣官房秘書は、夜釣りで崖から転落した。
鈴原啓介は公邸のクッキング人で、今日高級レストランを行っている。
田口武は北米局員、ジョギング中に階段から墜落した。
木村上一郎は条約局条約課長で、吊り橋から落下した。

そのタイミング、生き残った一人・北条晴臣は15年前その当時の内容を記憶しては魘される日々が続いていた。

薫は小野田の居る警察庁に顔を出すと既に右京がみえた。
珍しく背広を着用してきた薫。右京はいつものスカジャン姿で来れば想像していただけに悔しそう。
薫や右京に生き残った職員の死因を語る。全て転落死であり人殺しとしてはいやにシンプルなものであるという。

小野田は二人を引っさげて北条の元へと出掛けている。
最近身の回りでおかしな事は起きていないか尋ねてみるが何も無いならいう。
三人が殺された内容を語り、生き残った北条と鈴原にも高リスクが及ぶではありませんか事を語る。

動画サイトの見方と注意

Youkuの見かた

Youkuで相棒シーズン1を見るときは最初に必ず70秒ほどの広告が流れるようになります。
この広告はスキップする事はできないのでここは我慢してください。

広告が終われば自動的に本編が再生されるのであとは最後まで見れます。
画面をフルスクリーンにする事も出来ますが、画質が粗い場合があるのでモニターサイズによってはそのまま見たほうが見やすい場合があります。

Dramacoolでの見かた

Dramacool で見る場合は真ん中の再生ボタンをクリックします。
この時、別画面で広告が何回か表示されますがそれは全部「×」で閉じてしまってください

強制的に広告ページを見た後に動画が再生されます。
動画が再生されればあとはyoutubeと同じで最後まで見ることができます。

再生速度が遅いときは

動画再生が遅いときは、見る動画サイトを変更してみてください。
アップロードされている動画サイズが大きいと途中で止まったりする事があります。

その場合はしばらく停止して10分ほどまってからまた見るとスムーズに見れることがあります。

 

無料サンプル見放題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください