相棒シーズン1 4話 下着泥棒と生きていた死体 無料動画@騙しなしすぐ見れる

相棒シーズン1 4話の情報

タイトル :下着泥棒と生きていた死体
放送日 :2002年10月30日
視聴率 :9.4%

ゲスト出演者

二木達郎 – 有薗芳記 (下着ドロ)
佐古秀樹 – 山崎一 (巡査部長)
織田國男 – 井田國彦 (署長)
柳文治 – 有福正志 (副署長)
赤井の妻 – 村野友美
上田 – 谷村好一 (巡査)
笠松 – 恩田括 (巡査)
渡涼子 – 佐藤智美 (赤い下着を盗まれる。母のものだと)
本屋の店員 – 駒塚由衣

相棒シーズン1 4話のキーワード

下着ドロボー記憶
警察自己隠蔽
急性アルコール中毒死亡
強盗

相棒シーズン1 4話のストーリー内容

24時間営業中の本屋に強盗が入る。現地周辺いた刑事の佐古は
第一優先で一報を受け取った本屋を訪問する。
そのような時あわせて本屋身近で下着泥棒の二木が真っ赤インナーを盗る。
強盗の通報に対して応援にやって来た土田と笠松巡査により二木は
事情徴収により逮捕される。

右京と薫の特命係は所轄の捜査の助太刀しを働きかけられる。
下着泥棒が盗んだはだ着を持主に視聴させて本当に盗まれた下着
かを見定める地味な仕事。女の人によっては気恥ずかしくて取って
合ってもらわない中、そうは言ってもねばり強く対話をし測定をとる。
この下着泥棒の二木は盗んだ下着類の位置をすべて記憶していた。
しかし興味深いことに一番最後に盗んだ真っ赤インナーだけは自らが拒絶
してくる。薫は二木に検索を取り実は万引きしたというものじゃ
無いかとお尋ねしてみる。すると二木は下着泥棒としてのミラクルなプラ
イドを持ち何があっても万引きには関わらないし、盗んだところはいつまでも記憶に残る事
を告げる。
真っ赤インナーが盗まれた事実を意味する。
二木は盗んだときの現状を克明に話し始める。
あの時本屋のパーキングに一台の車が滞っており、後部座席には
メガネの男性がしゃがみ込んでいたという。しかし姿を消す時点ではぐったり
としていたという。その内に刑事達に逮捕された事を告げる。
何はともあれ右京らは二木を捕まえた滝沢署に事情を聞きに行く。

動画サイトの見方と注意

Youkuの見かた

Youkuで相棒シーズン1を見るときは最初に必ず70秒ほどの広告が流れるようになります。
この広告はスキップする事はできないのでここは我慢してください。

広告が終われば自動的に本編が再生されるのであとは最後まで見れます。
画面をフルスクリーンにする事も出来ますが、画質が粗い場合があるのでモニターサイズによってはそのまま見たほうが見やすい場合があります。

Dramacoolでの見かた

Dramacool で見る場合は真ん中の再生ボタンをクリックします。
この時、別画面で広告が何回か表示されますがそれは全部「×」で閉じてしまってください

強制的に広告ページを見た後に動画が再生されます。
動画が再生されればあとはyoutubeと同じで最後まで見ることができます。

再生速度が遅いときは

動画再生が遅いときは、見る動画サイトを変更してみてください。
アップロードされている動画サイズが大きいと途中で止まったりする事があります。

その場合はしばらく停止して10分ほどまってからまた見るとスムーズに見れることがあります。

 

見放題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください