相棒シーズン3 7話 夢を喰う女 無料動画@日本図書館協会からのクレームで欠番

別動画サイト

相棒シーズン3 4話の情報

タイトル :夢を喰う女
放送日 :2004年12月8日
視聴率 :12.4%

ゲスト出演者

辻村めぐみ …… 高岡早紀 (司書)
清水直久 …… 浜田晃 (自伝を辻村に書いてもらおうとする)
知念信夫 …… 飯田孝男 (自首マニア)
大滝亮 …… 伊藤初雄 (犯人、辻村のストーカー)
佐伯要一 …… 大石継太 (司書、辻村を煙たがる)

相棒シーズン3 4話のキーワード

日本図書館協会からのクレームで欠番
図書館職員 年金奪う

相棒シーズン3 4話のストーリー内容

捜査一課の伊丹らは探索を行っている中、特命係の薫を見つけ出す。
ここに来て元大蔵事務次官・湯浅昭則殺しの大事参考人ということであります疑いのある者の知念信夫からなりゆき聴取行っているのだが、薫にぜひそのお仕事をやってほしいと言われる。

実の所薫が一課にいた時、伊丹は薫の容疑のかかっている者落としのテクニックに感嘆の声を上げていたということである。

気持ちをよくした薫は、知念から殺人につきまして話を聞こうと感じるが彼は自身のライフスタイルをだらだらと話し始める。
右京は特命係にやって来ると、薫が取調室にみまわれている事実を耳にしてやって来る。
もうすでに打ち明けたではありませんから帰って頂きましてよろしいという右京。
スケールの大きいある事例が出て来ると必ず起こる自首マニアの男だと知らせ、自分自身もかつての彼の話を聞かされたと感じている。

そのような中で、更に殺人事件が発現する。
殺されたのは八尾圭吾(67歳)。タツミ総合開発の元重役で、胸を一突きナイフの様なので刺されて命を落としていた。
死亡推定時刻は夕べの10時から12時。現場には何も印刷行われていない白表紙の本が設けられていた。
それは一件目に起きた湯浅昭則殺人案件とビックリするほど同じやり方だった。
八尾が所属していた会社に話を聞きに行ってみると、彼は信用に厚い人物で自分の会社で怒りを買うような人ではなく、マスコットキャラクターの”たっちゃん”の産みの親であるという。

動画サイトの見方と注意

Youkuの見かた

Youkuで相棒シーズン3を見るときは最初に必ず70秒ほどの広告が流れるようになります。
この広告はスキップする事はできないのでここは我慢してください。

広告が終われば自動的に本編が再生されるのであとは最後まで見れます。
画面をフルスクリーンにする事も出来ますが、画質が粗い場合があるのでモニターサイズによってはそのまま見たほうが見やすい場合があります。

Dramacoolでの見かた

Dramacool で見る場合は真ん中の再生ボタンをクリックします。
この時、別画面で広告が何回か表示されますがそれは全部「×」で閉じてしまってください

強制的に広告ページを見た後に動画が再生されます。
動画が再生されればあとはyoutubeと同じで最後まで見ることができます。

再生速度が遅いときは

動画再生が遅いときは、見る動画サイトを変更してみてください。
アップロードされている動画サイズが大きいと途中で止まったりする事があります。

その場合はしばらく停止して10分ほどまってからまた見るとスムーズに見れることがあります。

見放題