相棒シーズン2  4話 消える銃弾 無料動画@騙しなしすぐ見れる!

相棒シーズン2 4話の情報

タイトル :消える銃弾
放送日 :2003年11月5日
視聴率 :10.5%

ゲスト出演者

苫篠武 …… 下條アトム (町工場・苫篠機械。改造ガン)
苫篠孝一 …… 渡部遼介 (息子、建築家)
青山晴美 …… 氏家恵 (弁当屋・孝一に片思い)
十和田秀志 …… 石山律雄 (十和田ヒデシ建築デザイン事務所)
十和田ケイコ …… 高木りな (娘。孝一と破談)
有賀透 …… 村上靖尚 (新聞記者・ゴシップ)

相棒シーズン2 4話のキーワード

ケモノの骨を銃弾加工
空気銃で人を殺す
過去に作った銃が盗まれる

相棒シーズン2 4話のストーリー内容

銃撃のトレーニングを行なう薫。

それを視聴する限りの右京。
薫が練習に張り切るのはいつ頃一課から声がかかってもいいようにとのこと

その中で、マガジン記者の有賀透(43歳)がビルから顔を出したところを何者かに射殺される。
スピーディーに鑑識の米沢が現場にはいるのだが、遺体からは硝煙反応が出てこない、それに加えて身体の中にあることが常識の銃弾が足りていないと言われている。
貫通して見かけない事から銃弾が身体の中に有るという事は誰が見ても明らかだが、それが消え去ったのは一体いかような事であるのか。

右京はむかし過激派でありまして改造銃を形成していた苫篠武の元を訪問する。

彼に事件の被害者の内容を告げ、そういうふうな銃が作れるのか尋ねてみる。

しかし分からなければいう彼。
そんな中弁当屋の女性・青山晴美がお昼ごはんの弁当を届けにやってくる。
二人分のお弁当を運送する彼女。

武はそれを祭壇に捧げていた。
息子・孝一の写真が飾られていた。

右京は捜査資料を目を通し。

有賀はそれほど高い人気を誇る記者じゃなかったこと。

ゴシップネタで怒りを買うことも沢山ある事から怨恨の線もイメージされる。
その資料の1つとして何となく苫篠孝一の名前が見つかったために、右京たちは被害に遭った人が取材をした十和田ヒデシ建築デザインオフィスを訪問する。

動画サイトの見方と注意

Youkuの見かた

Youkuで相棒シーズン2を見るときは最初に必ず70秒ほどの広告が流れるようになります。
この広告はスキップする事はできないのでここは我慢してください。

広告が終われば自動的に本編が再生されるのであとは最後まで見れます。
画面をフルスクリーンにする事も出来ますが、画質が粗い場合があるのでモニターサイズによってはそのまま見たほうが見やすい場合があります。

Dramacoolでの見かた

Dramacool で見る場合は真ん中の再生ボタンをクリックします。
この時、別画面で広告が何回か表示されますがそれは全部「×」で閉じてしまってください

強制的に広告ページを見た後に動画が再生されます。
動画が再生されればあとはyoutubeと同じで最後まで見ることができます。

再生速度が遅いときは

動画再生が遅いときは、見る動画サイトを変更してみてください。
アップロードされている動画サイズが大きいと途中で止まったりする事があります。

その場合はしばらく停止して10分ほどまってからまた見るとスムーズに見れることがあります。

 

見放題