相棒シーズン3 11話 ありふれた殺人〜時効成立後に真犯人自首!?@スマホからも見れる!

別動画サイト

DramaCool

相棒シーズン3 11話の情報

タイトル :ありふれた殺人〜時効成立後に真犯人自首!?
放送日 :2005年1月19日
視聴率 :12.2%

ゲスト出演者

小見山勇司 …… 信太昌之 (殺人犯)
坪井里子 …… 小林千恵 (17才、20年前に小見山に殺される)
港功 …… 清郷流号 (一課二係の刑事)
坪井貞一 …… 上田耕一 (父)
坪井幸子 …… 吉村実子 (母)
鈴木隆 …… 正名僕蔵 (26才、小見山隣人、司法試験)
大久保康雄 …… 阿南健治 (美和子の上司)

相棒シーズン3 11話のキーワード

時効殺人
女子校生殺害
被害者遺族、犯人の名前教えてくれと尋ねる

相棒シーズン3 11話のストーリー内容

用件の理由から市谷警察署に訪問して来た薫は、帰りに警察署の前でいかにも怪しげな動向をやられている男性・小見山勇司の姿を目のあたりにする。

薫は右京を呼出し勇司から事情に耳を傾けてみると、20年前の1985年1月に殺人したという。既に5年前に時効は成功し、民事でも時効は成り立っている。

遺族に関するお詫びのメンタリティがありますのでの自首なんだろうか?と問いただすと、第三者に狙われていると報告する。

警視庁にと同行して行きコメントに耳を傾けてみると、正真正銘犯人しかわかり得ないデータを話ししていることがきっかけで犯人だとほぼほぼ特定される。
20年前、17才だった坪井里子を殺したある事例。
内村たちはライター一般公開用にいつもどおりにリサーチしろと命じる。
勇司はずっと他人の目が気になっているという。気にかかったのはひと月前から。遺族にお詫びしろと報告するが、それをしてしまうと顔が公的になり街を歩けなくなりますと犯人はまるで改心した感じはない。

頭を下げる気持ちがない内容を知った薫は犯人のやり方に激情し、殴りすっ飛ばすがその握った手には乗らない事にはして、告訴してシチュエーションが世に知られるのを勇司は拒む。

右京達はその当時の事件についての細部が管理されている一課の二係に行き、担当刑事さんの港功から話しを聞く。面影橋女子高生殺害事例。

当時500人体制でリサーチにあたるが、被害に遭った人に目だったトラブルが得られなかったことを目的とした特定出来存在しなかったという。港は自身が刑事になるきっかけとなる事例だったという。

動画サイトの見方と注意

Youkuの見かた

Youkuで相棒シーズン3を見るときは最初に必ず70秒ほどの広告が流れるようになります。
この広告はスキップする事はできないのでここは我慢してください。

広告が終われば自動的に本編が再生されるのであとは最後まで見れます。
画面をフルスクリーンにする事も出来ますが、画質が粗い場合があるのでモニターサイズによってはそのまま見たほうが見やすい場合があります。

Dramacoolでの見かた

Dramacool で見る場合は真ん中の再生ボタンをクリックします。
この時、別画面で広告が何回か表示されますがそれは全部「×」で閉じてしまってください

強制的に広告ページを見た後に動画が再生されます。
動画が再生されればあとはyoutubeと同じで最後まで見ることができます。

再生速度が遅いときは

動画再生が遅いときは、見る動画サイトを変更してみてください。
アップロードされている動画サイズが大きいと途中で止まったりする事があります。

その場合はしばらく停止して10分ほどまってからまた見るとスムーズに見れることがあります。

無料サンプル見放題