相棒シーズン3 17話 書き直す女@高畑淳子出演 正当防衛殺人

別動画サイト

相棒シーズン3 4話の情報

タイトル :書き直す女
放送日 :2005年3月9日
視聴率 :14.3%

ゲスト出演者

栗林ななみ …… 高畑淳子 (女優)
武龍一 …… 中丸新将 (劇作家)
川島弘基 …… 市川勇 (プロデューサ)
ヒロコ …… 深沢敦 (ママ)
魚住次朗 …… 江端英久 (寿司店)
ミカ …… 宮沢紗恵子 (付き人)

相棒シーズン3 4話のキーワード

高畑淳子
女優セリフかえる
正当防衛殺人

相棒シーズン3 4話のストーリー内容

右京と薫はヒロコに引っ張られて舞台”殺したいほど愛してた”の上演を行く。人気女優の栗原ななみが毎回そうだけれどセリフをチェンジする事により一世風靡しているという劇。
ヒロコは店の得意客でこの舞台のプロデューサである川島弘基にご挨拶することで、ななみに逢わせてもらうことを考慮して楽屋をお聞きしてみる。

サインを受けているしている最中に、ななみの携帯に呼出があり、この舞台のアーティストと言う立場でもある武龍一先生がうちのアパートの一室で死んだ内容を耳にする。

すぐに会場に行く右京たち。すでにその場所では一課の捜査員と鑑識の米沢らが検査していた。第一発見者は宝来寿司の配達人・魚住次朗。話によると寿司を送り届けたのは3時ついこの間だと知らせ、あの時ははっきり言って生存してあったという。

死亡推定時刻は3時から4時である事が感じられ、寿司はまるまる食べられている事柄から、食事した直ぐ後に殺害受けていたかもしれないという。しかし右京は湯飲みが見られないことに勘づく。

下の階ではリフォームをしていて五月蠅かった。

右京達は川島に質問してに出掛けると、武先生から2時55分に連絡を貰ったと評される。まさにその時、ゲネプロかのような最終リハーサルを行っているまっただ中であり、ななみが劇中のセリフを作り変えていた為に時刻がおしていたという。

セリフを変貌させたことに武先生はムッとしていたという次第。
丁度Telを入れているするさなか出前の寿司がたどり着いたことや、リフォームに従事している音が耳に入りたという。
川島を信じれば武とななみは犬と猿の様な仲で、本来の話、武先生は今度セリフを好きなように変貌させたら殺してやると口外していたという。

動画サイトの見方と注意

Youkuの見かた

Youkuで相棒シーズン3を見るときは最初に必ず70秒ほどの広告が流れるようになります。
この広告はスキップする事はできないのでここは我慢してください。

広告が終われば自動的に本編が再生されるのであとは最後まで見れます。
画面をフルスクリーンにする事も出来ますが、画質が粗い場合があるのでモニターサイズによってはそのまま見たほうが見やすい場合があります。

Dramacoolでの見かた

Dramacool で見る場合は真ん中の再生ボタンをクリックします。
この時、別画面で広告が何回か表示されますがそれは全部「×」で閉じてしまってください

強制的に広告ページを見た後に動画が再生されます。
動画が再生されればあとはyoutubeと同じで最後まで見ることができます。

再生速度が遅いときは

動画再生が遅いときは、見る動画サイトを変更してみてください。
アップロードされている動画サイズが大きいと途中で止まったりする事があります。

その場合はしばらく停止して10分ほどまってからまた見るとスムーズに見れることがあります。

無料サンプル見放題