相棒シーズン3 4話 女優〜前編〜 無料動画@騙しなしスマホから見れる!

別動画サイト

相棒シーズン3 4話の情報

タイトル :女優〜前編〜
放送日 :2004年11月10日
視聴率 :14.1%

ゲスト出演者

小峰夕月 …… 羽田美智子 (女優)
松永慎二郎 …… 岡田浩暉 (マネージャー)
古谷彦六 …… 深水三章 (脚本家、夕月の夫)
木佐貫功 …… 陰山泰 (主席監察官)
海音寺菊生 …… 竹中直人 (麹町東警察署・課長)
署長 …… 森下哲夫 (麹町東警察署・署長)
轟 …… みのすけ (TVプロデューサー)

相棒シーズン3 4話のキーワード

羽田美智子

相棒シーズン3 4話のストーリー内容

早朝6時30分、薫は美和子からの電話にて目を開ける。

右京さんが免職を迎えた状況だという。薫はすぐにでも監察官室へと前大河内にすることになった原因を聞く。以前までは朱雀のプレッシャーで免職の状態になったのだから、失脚したことによって取り下げが見られるのが定石じゃないかという。

しかし朱雀とをテーマにした濃い警視庁の木佐貫は、この度の一件で朱雀を失脚に追いかけ込んだ右京を快く理解して無く、免職は既定リアルでだと報じて押しカットしたのであるという。

そのタイミングシナリオ家の古谷彦六の邸宅に誰かが潜り込みする。
内縁の妻で女性俳優を営んでいる小峰夕月は、彦六において庭に第三者がいらっしゃると知らせる。確認してみると人影があって、彦六は警察官にコールする。

すると疑いのある者はルームに及ぶまで到着する。なんとまあそいつは夕月のマネージャーの松永慎二郎でありました。もう警察官に来てもらってしまったぞと呼称される彦六だが、松永たちはびっくりする雰囲気も無く、夕月と共に野盗と競争したフリをして彦六を発射し射殺する。

意外にもそいつは彦六が脚本で書き込んだ脚本にフィットした殺し方ということである。

スピーディーに警察警察官が現場を観察する。薫は夕月にすることになったわけに耳を傾けてみると、彼女は私自身が殺したみたいなものと見なされる。話しに耳を傾けてみると野盗ともみ合うシーンで犯人が保持していた銃が暴発して彦六を受けてしまいましたのだという。

無用なことをしなければと下に目を向ける。

彦六とのつながりは、正規には結婚していないが10年昔より一丸となって居住しているという。メディアには7年前にどうしてなのか明らかになったとの事。そこにマネージャーである松永も行なってきて、事例が見つかった夕月の事を気づかいする。

動画サイトの見方と注意

Youkuの見かた

Youkuで相棒シーズン3を見るときは最初に必ず70秒ほどの広告が流れるようになります。
この広告はスキップする事はできないのでここは我慢してください。

広告が終われば自動的に本編が再生されるのであとは最後まで見れます。
画面をフルスクリーンにする事も出来ますが、画質が粗い場合があるのでモニターサイズによってはそのまま見たほうが見やすい場合があります。

Dramacoolでの見かた

Dramacool で見る場合は真ん中の再生ボタンをクリックします。
この時、別画面で広告が何回か表示されますがそれは全部「×」で閉じてしまってください

強制的に広告ページを見た後に動画が再生されます。
動画が再生されればあとはyoutubeと同じで最後まで見ることができます。

再生速度が遅いときは

動画再生が遅いときは、見る動画サイトを変更してみてください。
アップロードされている動画サイズが大きいと途中で止まったりする事があります。

その場合はしばらく停止して10分ほどまってからまた見るとスムーズに見れることがあります。

 

無料サンプル見放題