相棒シーズン3 5話 女優〜前編〜 無料動画@騙しなしスマホからも見れる

別動画サイト

相棒シーズン3 5話の情報

タイトル :女優〜前編〜
放送日 :2004年11月24日
視聴率 :13.4%

ゲスト出演者

小峰夕月 …… 羽田美智子 (女優)
松永慎二郎 …… 岡田浩暉 (マネージャー)
古谷彦六 …… 深水三章 (脚本家、夕月の夫)
木佐貫功 …… 陰山泰 (主席監察官)
海音寺菊生 …… 竹中直人 (麹町東警察署・課長)
署長 …… 森下哲夫 (麹町東警察署・署長)
轟 …… みのすけ (TVプロデューサー)

相棒シーズン3 5話のキーワード

羽田美智子

相棒シーズン3 5話のストーリー内容

右京達は洗面所で脚本家・古谷彦六が書き記していた脚本のメモを見かけられ、今の一件がその脚本そのままになされた犯罪だという事実を知る。

すぐさま夕月と松永の手元に行くとき、かなりこういったものがちょっとしたきっかけでわけがなかろうと問いただす。解答に答え倦ねているうちに夕月がストーリーに割ってはいる。私共はもうすぐ婚姻するという。

ああいう我々が古谷の事を殺すと言うか?と。元を正せばそのようなことをしてしまった場合いの一番で疑問視されるのは我々だというのに、そんな馬鹿なということはをしないという。

右京は洗面所を借り入れる間、薫は夕月にあの夜間の目に涙はなんだこれはったのかと問いただす。好意があるものを失くした涙であるとしていたがそんなことはいなかったのかと。

夕月は今でも心情的には私自身が強盗と競争したせいで夫が死亡されたとおっしゃると告げ、後悔やすまない気持ちに潰されそうだと話す。

右京は夕月に洗面所のメモを見たことこそが残っているかと問うてみると、夕月は見たということはないならば告げ、あの洗面所は古谷専用のものでしたので立ち混ざったことはないならば報告する。

右京は壁を変化させたのは夕月であるとしていることを告げ、その証拠としてメモは
何重にも貼り合わせた跡があったこと、そして一番上のメモにはまだ書けるスペースが有ったこと。
そんな状態の下で古谷が壁紙を貼るはずがないことを語る。
原案もおおかた夕月が捨てさりたハズだと知らせ、下書きを読んでいたのならば結果が把握したかったと語る。

動画サイトの見方と注意

Youkuの見かた

Youkuで相棒シーズン3を見るときは最初に必ず70秒ほどの広告が流れるようになります。
この広告はスキップする事はできないのでここは我慢してください。

広告が終われば自動的に本編が再生されるのであとは最後まで見れます。
画面をフルスクリーンにする事も出来ますが、画質が粗い場合があるのでモニターサイズによってはそのまま見たほうが見やすい場合があります。

Dramacoolでの見かた

Dramacool で見る場合は真ん中の再生ボタンをクリックします。
この時、別画面で広告が何回か表示されますがそれは全部「×」で閉じてしまってください

強制的に広告ページを見た後に動画が再生されます。
動画が再生されればあとはyoutubeと同じで最後まで見ることができます。

再生速度が遅いときは

動画再生が遅いときは、見る動画サイトを変更してみてください。
アップロードされている動画サイズが大きいと途中で止まったりする事があります。

その場合はしばらく停止して10分ほどまってからまた見るとスムーズに見れることがあります。

無料サンプル見放題