相棒シーズン3 第13 警官殺し〜銃に残された赤い指紋@

別動画サイト

相棒シーズン3 4話の情報

タイトル :警官殺し〜銃に残された赤い指紋
放送日 :2005年2月2日
視聴率 :13.4%

ゲスト出演者

長谷川修 …… 江藤潤 (木場署・名物警察官)
十河輝久 …… 鶴田忍 (地域部長)
阿部貴三郎 …… 武野功雄 (容疑者)
大久保康雄 …… 阿南健治 (美和子の上司)
茶畑幸弘 …… 山崎清介 (木場署・上司)
山岸 …… 吉田朝 (広報課長)

相棒シーズン3 4話のキーワード

警察官殺し
拳銃押収

相棒シーズン3 4話のストーリー内容

木場署の警部補・長谷川修が業務につく交番の横で銃で撃たれて死亡する。
奥さんを亡くしている長谷川を警察で葬式を出す。
彼の上司・茶畑幸弘は弔辞を読了する中において、どうしても警察の威信に力を入れて犯人を逮捕すると心に誓う。

捜査本部が決められる。
エリア部長の十河輝久はこの一件の達成に協力関係を乞う。刑事部の部長・内村は一心同体と見なされる事を誇張し力を込めて事例をクリアする事を伝える。

長谷川が殺された銃はロシア製のトカレフ。
そのくせ使用した銃を現場などによっていくという信じられない犯人の行いであった。

銃に引っつく指紋は無い変化してに、引き金に糸くずが装着されてあったこと。
目撃者からの報知があったという。

事件の三日前に長谷川は阿部貴三郎の事を職務質問しており、阿部は長谷川の姿を閲覧して逃走する際に、白井梅乃(79歳)と衝突転倒させてしまったという。
梅乃は後になって打ち所が酷くて病院に届けられるも死亡されたという。

かつては銃刀法違反で捕まっており、恐嚇疑いのあるで長谷川に掴まった過去が有る事を知る。

拳銃が関与した事例という理由で角田ら組織犯罪部もこの一件を自分たちが手で突破し、地域課に貸しを考えようとして、自身の情報網を使って阿部に追随することになる。

動画サイトの見方と注意

Youkuの見かた

Youkuで相棒シーズン3を見るときは最初に必ず70秒ほどの広告が流れるようになります。
この広告はスキップする事はできないのでここは我慢してください。

広告が終われば自動的に本編が再生されるのであとは最後まで見れます。
画面をフルスクリーンにする事も出来ますが、画質が粗い場合があるのでモニターサイズによってはそのまま見たほうが見やすい場合があります。

Dramacoolでの見かた

Dramacool で見る場合は真ん中の再生ボタンをクリックします。
この時、別画面で広告が何回か表示されますがそれは全部「×」で閉じてしまってください

強制的に広告ページを見た後に動画が再生されます。
動画が再生されればあとはyoutubeと同じで最後まで見ることができます。

再生速度が遅いときは

動画再生が遅いときは、見る動画サイトを変更してみてください。
アップロードされている動画サイズが大きいと途中で止まったりする事があります。

その場合はしばらく停止して10分ほどまってからまた見るとスムーズに見れることがあります。

無料サンプル見放題