相棒シーズン4 第2話「殺人講義」@大学教授愛人殺害

相棒シーズン4 2話の情報

タイトル :殺人講義
放送日 :2005年10月19日
視聴率 :14.7%

ゲスト出演者

春日秀平 …… 石橋蓮司 (成華大学・心理学教授)
島田加奈子 …… 石橋奈美 (成華大学・心理学講師)
田辺健太郎 …… 溝呂木賢 (成華大学・大学院生、25歳)
遠山ちず …… 前沢保美 (アパート管理人)
春日佳恵 …… 日向明子 (秀平の妻)

相棒シーズン4 2話のキーワード

大学教授愛人
紅茶の中に毒物
心理学者トリック

相棒シーズン4 2話のストーリー内容

男女が車内でキスをする。
男は女に君の涙を始めて拝見したと伝え、お蔭様で結論付けられたと伝える。
女は免除してくださいと知らせ、二人は結びつきを回復したかに感じられた。

男は女をアパートまで送り付けていくと、手提げ袋を手渡す。
安眠剤も一緒に入れてのっけたと伝える。

翌日、島田加奈子が毒薬”テトロドトキシン”を飲用してベッドで息を引き取っていると言えるのが探し出されてる。メモの走り書き程の遺書が見つけられ筆跡鑑定の挙句に、本人の物だと明らかにされたことで自殺だと片付けられる。

しかしその影響を受けてアパートの管理人で、加奈子の東京の母親演じていた遠山ちずが、警視庁の伊丹刑事の元で診てもらう。

あの子は自殺したりする子じゃないのです事を主張するが、伊丹は既に回答の出た事例であるとして引き取りを願う。
しかしそんな時薫が足を運んできて、警察は市民の味方だと言うのに宣告すると、伊丹は薫にこの件をお任せする。

薫は一丸となって死亡所見や確証を認証するが、遺書の筆跡鑑定が本人だと閲覧された以上ひっくり返すのは困難であると通告する。
しかしちずは、死ぬ前日に彼女は気分良さそうな顔をしていた事を証言し、現場に見るために来てくれと薫を連れて行く。

動画サイトの見方と注意

Youkuの見かた

Youkuで相棒シーズン4を見るときは最初に必ず70秒ほどの広告が流れるようになります。
この広告はスキップする事はできないのでここは我慢してください。

広告が終われば自動的に本編が再生されるのであとは最後まで見れます。
画面をフルスクリーンにする事も出来ますが、画質が粗い場合があるのでモニターサイズによってはそのまま見たほうが見やすい場合があります。

Dramacoolでの見かた

Dramacool で見る場合は真ん中の再生ボタンをクリックします。
この時、別画面で広告が何回か表示されますがそれは全部「×」で閉じてしまってください

強制的に広告ページを見た後に動画が再生されます。
動画が再生されればあとはyoutubeと同じで最後まで見ることができます。

再生速度が遅いときは

動画再生が遅いときは、見る動画サイトを変更してみてください。
アップロードされている動画サイズが大きいと途中で止まったりする事があります。

その場合はしばらく停止して10分ほどまってからまた見るとスムーズに見れることがあります。

見放題