相棒シーズン4 第20話「7人の容疑者」無料動画@撮影の為に殺人

相棒シーズン4 20話の情報

タイトル :7人の容疑者
放送日 :2006年3月8日
視聴率 :13.4%

ゲスト出演者

曽根ゆり子 …… 大寶智子 (プロデューサ)
南早紀 …… 三輪ひとみ (小道具)
林登 …… 谷本一 (共映東京撮影所・制作部長)
甲野真 …… 俵木藤汰 (製作スタッフ)
都築大輔 …… 少路勇介 (元スタッフ、爆弾脅迫)
石原隆志 …… 水上竜士 (助監督)
御子柴健 …… 小島康志 (監督)
半田茂 …… でんでん (警備員)
蕪木惣一 …… 西田健 (俳優)

相棒シーズン4 20話のキーワード

記念腕時計
脅迫電話
犯人2人

相棒シーズン4 20話のストーリー内容

共映東京スタジオ・作成部長、林登の基にテレフォンが鳴る。
爆弾を仕掛けたという恐喝電話。
如何にしても安心が閲覧されるまでは収録はストップとの指示が下るが、爆弾は探すことができずに、告知した締切り日が過ぎても炸裂するという意味は現れなかった。
意地悪なイタズラだと取り扱われる。

その中で、今回に関しては撮影所に泥棒が入っているらしいことを取って、右京と薫は捜査三課が捜査する窃盗事例に提携することになる。
警備の半田茂に質問してみると、巡回したのは夜の9時と翌朝の6時で9時の頃にはあったが6時には消失していたと考えている。盗まれたのは着ぐるみであり、先ほども盗まれた事がありますとの事。
半田は今月が溢れ出て退職するので、事例片づけてから辞職したいことをつぶやく。
盗まれた着ぐるみが有る倉庫を調べていると、南早紀という女性が小道具を探していた。無くなったものはデキルンジャーという戦隊ヒーローものに着ぐるみ。そのような中で、半田は血の沈着したゴルフクラブが落ちていた。
また着ぐるみにおいて遺体が出て来たことになります。死亡したのは開発部長の林ではあった。

遺体現場が推測される。殺されたのは倉庫とは違い部長室だった。死去推定時刻はPM23:00からAM1:00までの間。発明担当の甲野の話では部長はゴルフが好きだったはずだよと称される。
しかしどうして遺体を動かしたのか? そのような中で、再び爆破を臭わせる強迫テレフォンが鳴る。

10ステージの爆破は3日後に書きかえるという。
間髪をいれず電話を出たものが警察の仕込により、犯人との電話記録を記録行っていた。犯人はボイスチェンジャー費やしていた。2度に渡る爆破予告と殺人事件に係わりはあるのか?

動画サイトの見方と注意

Youkuの見かた

Youkuで相棒シーズン4を見るときは最初に必ず70秒ほどの広告が流れるようになります。
この広告はスキップする事はできないのでここは我慢してください。

広告が終われば自動的に本編が再生されるのであとは最後まで見れます。
画面をフルスクリーンにする事も出来ますが、画質が粗い場合があるのでモニターサイズによってはそのまま見たほうが見やすい場合があります。

Dramacoolでの見かた

Dramacool で見る場合は真ん中の再生ボタンをクリックします。
この時、別画面で広告が何回か表示されますがそれは全部「×」で閉じてしまってください

強制的に広告ページを見た後に動画が再生されます。
動画が再生されればあとはyoutubeと同じで最後まで見ることができます。

再生速度が遅いときは

動画再生が遅いときは、見る動画サイトを変更してみてください。
アップロードされている動画サイズが大きいと途中で止まったりする事があります。

その場合はしばらく停止して10分ほどまってからまた見るとスムーズに見れることがあります。

無料サンプル見放題