相棒シーズン4 第6話「殺人ヒーター」無料動画@タクシー無線で引火

相棒シーズン3 6話の情報

タイトル :殺人ヒーター
放送日 :2005年11月16日
視聴率 :13.5%

ゲスト出演者

恩田義男 …… 嶋田久作 (ヨツバ電機・検品課長)
沖健次郎 …… 笹野高史 (ヨツバ電機・工場長)
小柳津桐子 …… 辻沢杏子 (ヨツバ電機・労働組合長)
浅野仁志 …… 近藤公園 (ヨツバ電機・社員)
河上茂 …… 大石継太 (ヨツバ電機・社員)
黒川英明 …… 村杉蝉之介 (エリート意識を持つ)
卯月庄一 …… 峰岸徹 (ヨツバ電機・社長)

相棒シーズン3 6話のキーワード

タクシー無線で引火
メーカー商品不良品

相棒シーズン3 6話のストーリー内容

このほどぶっ続けて5件のメジャー会社連続放火事例が発症していた。
10月21日の出版業社を皮切りに、10月24日、10月28日、11月3日11月10日。
28日の事例では石原由美(28歳)が亡くなり、3日の事例では大川剛(23歳)が現地で命を亡くしていた。

特命係は現地での裏付け物件を個別に仕分け仕事をやっている中、特命にテレホンが鳴る。
ついに6件目の事件が起こったというのである。

ヨツバ電機の労働組合室が放火されていた案件。
現地には小柳津桐子(42歳)が焼死体で見つけ出されてる。
出火元はヒーターでありましたが、何だか現場には消化器が準備してあった。

内村完爾は一課の刑事たちに早いうちの事件達成を望む。
伊丹は無差別殺人ではないだろうか?とするが、動機は怨恨との線が強烈である。

客やスタッフを調査したのか?というお尋ねに対して、それに耳を貸していた右京は口添えする。労働者になれ見られなかった人も十分に怨恨になる原因は見られるという。

右京は消化器が何故現場に設置していたのだろうかを調査する。
火事になる前にすでに設置されていた物なんだろうか?

米沢から死因は窒息死である事が案内され、今回については遺体の外傷が強烈であるのだという。
絞め殺行なってみてもその跡が判別出来見られないことにあった。

動画サイトの見方と注意

Youkuの見かた

Youkuで相棒シーズン3を見るときは最初に必ず70秒ほどの広告が流れるようになります。
この広告はスキップする事はできないのでここは我慢してください。

広告が終われば自動的に本編が再生されるのであとは最後まで見れます。
画面をフルスクリーンにする事も出来ますが、画質が粗い場合があるのでモニターサイズによってはそのまま見たほうが見やすい場合があります。

Dramacoolでの見かた

Dramacool で見る場合は真ん中の再生ボタンをクリックします。
この時、別画面で広告が何回か表示されますがそれは全部「×」で閉じてしまってください

強制的に広告ページを見た後に動画が再生されます。
動画が再生されればあとはyoutubeと同じで最後まで見ることができます。

再生速度が遅いときは

動画再生が遅いときは、見る動画サイトを変更してみてください。
アップロードされている動画サイズが大きいと途中で止まったりする事があります。

その場合はしばらく停止して10分ほどまってからまた見るとスムーズに見れることがあります。

無料サンプル見放題