相棒シーズン4 第8話「監禁」無料動画@亀山地下に監禁、暗号解かせる

相棒シーズン3 8話の情報

タイトル :監禁
放送日 :2005年11月30日
視聴率 :14.0%

ゲスト出演者

進藤ミサエ …… 佐藤江梨子 (キャバ嬢、犯罪歴多し)
新田信彦 …… 酒井敏也 (不動産屋の社長)
千恵 …… 碇由貴子 (中学生)
由佳 …… 吉谷彩子 (中学生)
座間繁子 …… 吉本菜穂子 (不動産屋の社員)

相棒シーズン3 8話のキーワード

亀山地下に監禁
杉下右京、平成のシャーロックホームズ
杉下が中学生の頃に書いたオリジナル推理小説

相棒シーズン3 8話のストーリー内容

薫は気付いた時には手と足を拘束され椅子に座ら受けていた。
薫のテレホンが響き渡るも、進藤ミサエは薫のフトコロから引っ張り出しハンマーでたたきへし折ってしまう。電話した美和子は突然電源が尽きたことにしっくりしない感じが生じる。

ミサエに対し何のマネだ?と問うてみると、悩み事を聞いて欲しいと言うでしょうと伝える。

右京は薫が無断欠勤している事を受けて、最近弛んでいるようではないか?と呟く。角田は右京に取材がやってきていると報告すると、右京は応対に出る。
なんと足を運んできたのは二人の中学生の千恵と由佳だった。推理小説研究会の二人は、最近載っている都民ジャーナルに和製シャーロックホームズとして記載された右京の記事を読んで、をやってきたのである。

特命係の事実を聴き取りを行ってもう一人の人はどの部分にあるのだ?とお尋ねするが、右京はどこにいってしまいましたかねと、自分もさっぱりわからない内容を宣告する。

その頃、ミサエは薫に対して金庫の暗号を解くよう宣伝する。

金庫の前には”やまとはくにのまほろば たたなづくあおがき やまごもれる やまとしうるはし”と書かれていた。
この詩の中に金庫を開ける6桁の数字が暗号として隠なっているというのですからある。
専門ショップにも依頼したが、この金庫は国がその当時の技術の粋を結集させて完成させた金庫なので開けることが出来なかったという。

謎を公にしてくれたらあれもこれもしてあげると言われる。しかし薫はこれは拉致監禁、恐喝罪であり、今頃警視庁では賑やかになり出しいるではないかと教える。

上司はとっくにポイントを把握しているだろうという。
自分はこんな風なのは下手くそで、いつも体力方面の担当と言われると、ミサエはそんな嘘を言っても調べは付いているとし、和製シャーロックホームズだと言えますという。
薫は都民ジャーナルの件を思い浮かべ、あの記事に見なされていたのは相棒の方であると教える。

動画サイトの見方と注意

Youkuの見かた

Youkuで相棒シーズン3を見るときは最初に必ず70秒ほどの広告が流れるようになります。
この広告はスキップする事はできないのでここは我慢してください。

広告が終われば自動的に本編が再生されるのであとは最後まで見れます。
画面をフルスクリーンにする事も出来ますが、画質が粗い場合があるのでモニターサイズによってはそのまま見たほうが見やすい場合があります。

Dramacoolでの見かた

Dramacool で見る場合は真ん中の再生ボタンをクリックします。
この時、別画面で広告が何回か表示されますがそれは全部「×」で閉じてしまってください

強制的に広告ページを見た後に動画が再生されます。
動画が再生されればあとはyoutubeと同じで最後まで見ることができます。

再生速度が遅いときは

動画再生が遅いときは、見る動画サイトを変更してみてください。
アップロードされている動画サイズが大きいと途中で止まったりする事があります。

その場合はしばらく停止して10分ほどまってからまた見るとスムーズに見れることがあります。

無料サンプル見放題