相棒シーズン5 第11話「バベルの塔〜史上最悪のカウントダウン!」無料動画

相棒シーズン5 11話の情報

タイトル :バベルの塔〜史上最悪のカウントダウン!
放送日 :2007年1月1日
視聴率 :13.8%

ゲスト出演者

五十嵐哲夫 …… 杉本哲太 (誘拐犯、赤いカナリア幹部に偽装)
辰巳楓 …… 大塚寧々 (議員の警備、元神奈川県警、富永と再婚)
富永洋介 …… 冨家規政 (2世議員、都市開発促進)
五十嵐翔子 …… 中村綾 (ホテルの従業員、哲夫の妹)
和久井拓郎 …… 遠藤章造 (楓の元夫。勤めていた会社が倒産)
辰巳はるか …… 佐々木麻緒 (ハシカの高熱で耳が不自由に)
日野警部補 …… 寺島進 (狙撃班、観覧者の中で標的を狙う)
磯辺 …… 梨本謙次郎 (最上階レストランの支配人)
丸山 …… 樋渡真司 (富永の秘書)
辻本 …… 反田孝幸 (麻薬密売、赤いカナリア資金調達)
鈴木警備員 …… 村上連
山田警備員 …… 古宮基成

相棒シーズン5 11話のキーワード

 

相棒シーズン5 11話のストーリー内容

大晦日。小野田(岸辺一仁)上院議員富永(富谷富也)の衆院に強制的に連れて来られた宇都宮(水谷豊)と薫は、富永のボディーガードを余儀なくされた。都市化再開発計画の過激派富永富永氏は、左翼過激派の梶氏を標的にしていた。元探偵楓(大塚ネネ)は、会場の富永の近所を守る。楓は聴覚障害者である遥(佐々木正樹)を聴覚障害者に引き寄せているので、楓が冨永と婚約していることを知っている。

しかし、彼女の夫、楓の前に離婚した遠藤正三が登場した。楓は、彼が贈る贈り物を遠くに渡したいと願って、幸子に戻ってくると、冷たく行く。偶然、このような戦いを見た… …

遠く離れた人が誰かに誘拐され、娘の命と引き換えに富永を殺すという指示が京本に届いた。犯人(杉本哲太)は過激派の梶ですか?楓は殺人を決める。犯罪者の指示に従って、あなたが着ていた収入と携帯電話をトイレのタンクに入れ、手に銃を持って党の会場に戻ります。

午後8時。富永は、ついにカエデとの約束を発表する時期だった。しかし、最後の楓の姿が党の会場から消えてしまった。何の助けもなくステージに上がった富永にとって、彼は自分の時間を自分のスピーチに結びつけることに決めた。なんらかの理由ですべてを見ていたうきょうと薫は不安を覚えています。

最終的に楓は冨永と舞台に紹介されました。犯罪者はネット上の管理システムにアクセスしました。カエデのイメージを一つずつ管理しています。富永氏が富永を指揮しようとしたが、犯人の指揮に従って演説を始めたのは楓だった。
“夜が来たので、私は目を覚まさない…”。
浮世絵の顔色が変わった。あなたがステージに突入するとすぐ、楓はトリガーを引っ張るよりも、冨永を一瞬引っ張る。富永は命を落としたが、楓がそのまま拳銃で逃げられなかった。パーティー会場の超高層ビルは大きなパニックになります。薫は意図せずに声を上げた。
「何の新年ですか」

犯人から党の会場に戻るように指示された楓は、ウェイトレスの翔子(中村綾)を人質にして人質に迎え入れた。午前0時までに富永を連れて、城の中を歩きます。マネージャーの昇進を目指しておこチ検査官(ジンボー聡)は、楓は左派過激派の一人であると宣言した。私は内村警察長(片桐竜二)の撮影を許可する。
楓にこのようなことをさせる何らかの理由があるはずです。うれしいことに大河内を説得しますが、昇進を目指している大声は耳を傾けません。首都警察署の狙撃兵である日野(寺島寺島)が楓を目指しているのに対し、昭和と薫は事件の真実を知るためだけに行動を始める。

動画サイトの見方と注意

Youkuの見かた

Youkuで相棒シーズン5を見るときは最初に必ず70秒ほどの広告が流れるようになります。
この広告はスキップする事はできないのでここは我慢してください。

広告が終われば自動的に本編が再生されるのであとは最後まで見れます。
画面をフルスクリーンにする事も出来ますが、画質が粗い場合があるのでモニターサイズによってはそのまま見たほうが見やすい場合があります。

見放題