相棒シーズン5 第12話「狼の行方」無料動画

相棒シーズン5 12話の情報

タイトル :狼の行方
放送日 :2007年1月10日
視聴率 :17.9%

ゲスト出演者

神崎哲哉 …… 木下ほうか (ストーカー男。容疑者)
堀川美紀 …… 菊池麻衣子 (哲哉の元彼女)
増田雄一 …… 三村和敬 (誘拐される子)
大塚亮司 …… 井桁雅貴 (誘拐される子)

相棒シーズン5 12話のキーワード

 

相棒シーズン5 12話のストーリー内容

2人の男の子、祐一(ミムラ一和)と亮二(伊知正樹)が誰かに誘拐された。浮世絵(水谷豊)と薫(テルワキヤスフミ)は、荒れたごみの中で眠っている二人を偶然見つけます。祐一によれば、奇妙な男がゴミ取り消し場に閉じ込められたと言われていますが、犯人のイメージはまだ明確ではありません。伊丹(河原一久)などの調査部は、その場所を徘徊していた不審者の神崎(木下本花)を拘束している。祐一はまた、神崎が犯人であることを証言するが、神崎は沈黙している。物理的な証拠なしで解放する。
それでも、伊丹と神崎を持つ人たちは、神崎が元の狩野を強制した場所を別の場合には三木(菊池舞子)と逮捕した。
ウキョウと薫は三木の事情を聞いているが、神崎のストーカー行為に悩まされた三木は、誘拐事件が起きたときに神崎に電話をかけて抗議していると言った。それは、神崎のアリバイが証明され、神崎が無罪であることを意味する….

もしそうなら、誰が誘拐者ですか?偶然に誤って拘束されたのは、裕一さんの指紋だけが粗いゴミ貯蔵所の扉のレバーに残っていて、扉が解放されたときに扉が自然に閉まっていたからです。祐一は優しくそれを認めます。
亀山は男の子に忠告し、時々彼らから尋ねられたので、私は後で一緒に神崎に謝罪することにしました。
一方、不審な神崎は再び三木を訪れるが、三木は心を変えることはできない。秘密の映画「三木」の写真がいっぱい入った部屋に一人で忍び寄る神崎。何か特別な感情に、私は苦しみ始めた….
次の朝、神崎はイメージを評価する会社から却下されます。三木のために私の心に届かず、会社に解雇された神崎。私はすべてを失い、決意を固める。

手紙の中には三木の下の神崎からの自殺が示唆されている。相談を受けたうきとが「意志」と書かれた手紙を確認すると、彼は自殺者の祐一を仲間に連れていくと言います。今日、薫は祐一と神崎に尋ねる。ウヨは待っている薫に連絡し、二人の危険性が近づいていることを伝えます。

当時、悠一らは神崎の追求を離れて走っていた。母親に電話しても信じられない二人の人。最終的に私は神崎で捕らえられました….

一方、Ukyoらは、手紙と神崎は、裕一が住んでいる住宅団地にいると推測している。連絡先を受けた薫は、冬には未使用のプールがあることを追跡します。
その時、プールの部屋の変化の中で、神崎は2人の男の子を縛り、キルンを蹴り、火を放そうとしていました。神崎は、「すみません」と叫ぶ子供たちの前で、「あなたのせいだから」という軽い発言をします。
薫がボウルと呼ばれる場所に飛び込んできたら、隙間を空けてライターを拾い、それなくしてください。

動画サイトの見方と注意

Youkuの見かた

Youkuで相棒シーズン5を見るときは最初に必ず70秒ほどの広告が流れるようになります。
この広告はスキップする事はできないのでここは我慢してください。

広告が終われば自動的に本編が再生されるのであとは最後まで見れます。
画面をフルスクリーンにする事も出来ますが、画質が粗い場合があるのでモニターサイズによってはそのまま見たほうが見やすい場合があります。

見放題