相棒シーズン5 第18話「殺人の資格」無料動画@マスコミ記者への復習

相棒シーズン5 18話の情報

タイトル :殺人の資格
放送日 :2007年2月28日
視聴率 :17.0%

ゲスト出演者

芝木倫明 …… 相島一之 (風俗ルポライター)
安田富美代 …… 菊地由希子 (アパートの管理人。裏で高利貸し)
ヒロコ …… 深沢敦 (オカマバーのママ)
大久保康三 …… 阿南健治 (帝都新聞の記者)
田ノ上啓 …… 辻本祐樹 (息子、父自殺当時は10歳)
田ノ上義信 …… 国枝量平 (元国裕建設の総務部、10年前自殺)
田ノ上 …… 角南範子 (妻、昨年死亡)
伊庭剛憲 …… 鶴岡修 (元捜査二課の刑事)

相棒シーズン5 18話のキーワード

マスコミ記者
被害者自殺
息子による復讐

相棒シーズン5 18話のストーリー内容

薫は、おなじみのゲイバーママで、芝生の樹木(神の怒り一之)は、群衆の中の危険な人を殺そうとしており、連絡を取っている。
芝生と薫の部屋を捜した浮世(水谷豊)は誰かから送られたビデオテープを見つけた。芝生のアパート・扶余(菊池ゆき子)の土地所有者がそこで殺された場面がありました。扶余は後ろから貸付金とつながっており、家賃がないという住人の紹介は高い金利を取っていた。 Hirokoによると、芝生はまた犠牲者の1人でした。
さらに検索すると、「次はあなたの番だ」という殺人を指示する手紙が見つかりました。
その芝生の木は誰かを殺そうとしました、それは芝生の木が殺されたパングティウスへの敵意を持っていました。そしてその手紙は殺人者に殺人者に殺人を命じるようになっていました。
それらを合成したウヨは、「交換殺人」が起きようとしていることを指摘した。

また、鵜や薫は伊丹(河原一二)調査部に力を頼んだ。ビデオの撮影場所が特定のレンタルスペースであることを確認します。しかし、レンタルスペースの物語の事務員によれば、彼は若者の若者に部屋を借りて、男性と部屋に来て、何も起こっていないかのように2人の人に戻った。明らかに、犯人の目的は、扶余が殺され、芝生が殺人犯を殺すようにすることだったようだ…

芝生はかつて帝国新聞の政治部記者だったことが判明しました。当時の同僚からの話を聞いていたが、建設会社の違法寄付を取り巻くスクープを書いた芝生の木だったが、田野氏という建設会社のゼネラルマネジャーは、その記事(国枝亮平)が挙げられているまた深刻な尋問自殺。警察は告発され、この記事を書いた芝生は事件が苛立ったため会社に処刑されたと言われた。それから、柴木さんは遺族の田野子さんの家に向かいましたが、顔に向かって「殺人」し、翌日辞表を提出したと言いました。そして、田野カミを捜査した伊那犯人(鶴岡治)は、感情責任を辞任した。

芝生の下に到着した手紙の中に、「今度は手を下ろして…」と書かれていた。あたかも芝生が誰かを殺したかのように書く方法です。つまり、犯人は、タノコの自殺によって芝生が “殺人”と言われていることを知っていたということです。芝生からフミヨにいたずられ、犯罪を計画した犯人….その地点まで芝生を嫌っている人…田野ヶモの曽野啓(辻本由貴)は自殺しています。
Ukyo et al。 Keiの部屋で多くの証拠を見つけ、芝生でそれを殺そうとしている人が元のIbiramaの犯人であることを掴んだ。

動画サイトの見方と注意

Youkuの見かた

Youkuで相棒シーズン5を見るときは最初に必ず70秒ほどの広告が流れるようになります。
この広告はスキップする事はできないのでここは我慢してください。

広告が終われば自動的に本編が再生されるのであとは最後まで見れます。
画面をフルスクリーンにする事も出来ますが、画質が粗い場合があるのでモニターサイズによってはそのまま見たほうが見やすい場合があります。

無料サンプル見放題