相棒シーズン5 第19話「殺人シネマ」無料動画@映画監督殺害

相棒シーズン5 4話の情報

タイトル :殺人シネマ
放送日 :2007年3月7日
視聴率 :15.3%

ゲスト出演者

織原晃一郎 …… 森山周一郎 (映画監督、末期癌)
島加代子 …… 星由里子 (女優、本名は神谷祥子)
赤井のぶ子 …… 松本留美 (劇場の清掃係、本名は青葉絹子)
江守義彦 …… 石井洋祐 (映画館「旭キネマ」支配人)
海老名政夫 …… 鈴木リョウジ (ビデオ会社)

相棒シーズン5 4話のキーワード

大女優
映画監督 映画館で殺害
本名入れ替え言葉あそび

相棒シーズン5 4話のストーリー内容

オリハラ(森山昭一郎)元社長が映画館で殺害された。かつては若いバディーディレクターとして注目されていたオリハラだったが、彼は創造の意欲を失い、映画界でも忘れ去られてしまった。マネージャーによると、江森(石井裕介)と清掃員ノブコ(松本ルミ)は最近、昼間から酔っていて、しばしば映画館に来た。
オリハラの作品をDVDとしてリリースしようとしている間、オリハラが拒否したビデオ会社、えびな(鈴木良司)が容疑者として浮上した。オリハラが死亡した場合、映画の著作権は遺族に移転され、DVDにすることが容易になります。それが起これば、それは会社に利益をもたらすが、決定的な要因はない。
このような折り畳みは、事件当日の映画館でオリハラ出身の女優、カヤコジマ(スターユリコ)を目撃した人が現れた。ウクヨ(水谷豊)と薫(テルワキヤスフミ)は意外にも息を吐く。

すぐに加代子を訪問したが、当日は加子子さんが帰宅していたことを否定した。私がオリハラに会ったのは、半年前でした。オリハラが身体を壊して、チェックインのために彼を見に行ったと聞きましたが、彼は心がない言葉でひどく傷ついていると言いました。私は誰にも悪い言葉を投げます。カヤコはそういうオリハラをあまり考えていないようです。
また、マネージャーの江森は、嘉陽子が事件の当日に来なかったと証言した。彼は清掃係Nobukoを見なかったと言われています。
オリワラを考えていない犯人はカオコによく似ていますか? Ukyo et al。オリハラの映画に登場すると、オリハラ監督はひどく叱られ、ストレスで体を壊した若い女優がいることは分かっていました。シルクちゃんと呼ばれた女優は、歌謡と共演した。しかし、その時知っている人によると、彼らは現在彼らが現在やっていることを知らないようです。

Ukyo et al。カイゾーを見に行くなど、調査を続けている人は、犯罪部長の内村(片桐隆司)に電話されているが何らかの理由で責任はない。内村はカヨコが犯人だと心配している。どうやらカヨコの熱狂的ファン。
うれしそうに歌謡に行くと、シルクについての質問がありますが、何らかの理由で小陽谷の女優を覚えておらず、何らかの理由で家に荒れ狂ってしまいます。オリハラはそこにいたエビナによれば、映画で長らく死ぬことが夢であると言っていました。また、映画を見ながら死にたい。犯人の目を身につけていた優子は、ある確信をつかんだ。

動画サイトの見方と注意

Youkuの見かた

Youkuで相棒シーズン5を見るときは最初に必ず70秒ほどの広告が流れるようになります。
この広告はスキップする事はできないのでここは我慢してください。

広告が終われば自動的に本編が再生されるのであとは最後まで見れます。
画面をフルスクリーンにする事も出来ますが、画質が粗い場合があるのでモニターサイズによってはそのまま見たほうが見やすい場合があります。

無料サンプル見放題