相棒シーズン5 第6話「ツキナシ」無料動画@人気作家のぞき趣味、アリバイ作り共謀

相棒シーズン5 6話の情報

タイトル :ツキナシ
放送日 :2006年11月15日
視聴率 :13.9%

ゲスト出演者

北之口秀一 …… 川崎麻世 (直木賞作家)
永田沙織 …… 渋谷琴乃 (商業カメラマン)
宮澤邦彦 …… 松田ジロウ (一級建築士、殺害される)
宮澤 …… 鈴木希衣子 (邦彦の妻)

相棒シーズン5 6話のキーワード

人気作家のぞき趣味
アリバイ作り

相棒シーズン5 6話のストーリー内容

被害者の妻と知り合った作家、北ノ口昌一(川崎麻衣)は、スポーツクラブを通じて容疑者に浮上した宮澤氏(松﨑二郎氏)が自宅で殺された。しかし、アリバイは存在しないものの、北国内町のような目撃証言の証拠は事実上の証拠に過ぎない。自分が無罪だと言った北口くちは、集まった記者の質問に積極的に答えるなど、優れた公演を見せた。

一方、ウクヨ(水谷豊)と薫(テルワキヤスフミ)は、敷地の痕跡が不自然に動いているのを発見した。北野町に “すみません”と言って何も知らないように見えますが、スタンドで北野町の指紋を見つけました。北野の口は横たわっている。 Ukyo et al。北野町について疑問を抱く

事件の晩、夜景を撮っているときに、不思議なことに北越内をカメラに入れた女性写真家の沙織(渋谷琴乃)が現れた。時計は写真に写っており、アリバイとしては完璧です。右京と薫は北野町から直接話を聞いていたが、近くのコンビニエンスストアにたばこを持って行ったときに奪取されたという。

アリバイが完璧すぎるということは疑いありません。上野と薫はコンビニエンスストアのセキュリティビデオに北野町がないことを確認し、沙織が撮影したのと全く同じ位置で写真を撮ろうとした。その後、北野の絵の中の裏の建物に月が現れる。事件の夜の満月は19:8だった。撮影時に月を反映させることはできない。右京と薫が矛盾点に直面したとき、沙織はその絵がそれほどトリッキーだったと認めている。実際には、砂場は北口の熱狂的なファンです。彼は好きな北口の許可なくアリバイの仕事をしたという。もちろん、北野は沙織を否定しており、アリバイの仕事を頼むことを覚えていない。調査はサンゴ礁に乗る。

薫は古書屋に読んでいる北乃口の本を販売していますが、初版ではないので高額買えないと言われています。そのような話を聞いた話は、彼が購入した初版の本のほうが高く売れていると言われています。北木口から玉城へ?ある女性がラジオ番組に出演したときに不思議なことが起こり、カジュアルな態度に惹かれた男性にメッセージを伝えました。
このような沈黙を静かに聞いたウヨは、やっと事件の真実に達しました。記者たちに囲まれた北野伊二ちゃんのヒント。興奮を完全に抑えることができないのはうれしい。

北口は実際にスポーツクラブでも問題だった盗人の盗賊だった。事件の夜は宮澤を殺したのではなく、秘密の撮影のために宮沢の家に侵入している。私は宮澤の妻の入浴姿をカメラの浴室に入れたが、宮澤が殺された場所にカメラを置いたこともあった。その犯人は沙織だった。しかし、北口が証言するならば、彼自身の盗人は落ちるだろう。キタノ・ユクチは、記者の前で真の犯人にメッセージを送った。沈黙するのではなく、あなた自身のアリバイを作ることができます。
また、トリックが打ちのめされた時、沙織は北木之之のファンとふりをしましたが、自宅の本は初版ではなかったので、すべてがウヨヨでは見逃されました。

動画サイトの見方と注意

Youkuの見かた

Youkuで相棒シーズン5を見るときは最初に必ず70秒ほどの広告が流れるようになります。
この広告はスキップする事はできないのでここは我慢してください。

広告が終われば自動的に本編が再生されるのであとは最後まで見れます。
画面をフルスクリーンにする事も出来ますが、画質が粗い場合があるのでモニターサイズによってはそのまま見たほうが見やすい場合があります。

見放題