相棒シーズン5 第8話「赤いリボンと刑事」無料動画@時効20日前解決、杉下噓をつく

相棒シーズン5 8話の情報

タイトル :赤いリボンと刑事
放送日 :2006年11月29日
視聴率 :15.9%

ゲスト出演者

杉下噓をつく
時効20日前事件解決

相棒シーズン5 8話のキーワード

高岡義一 …… 木場勝己 (捜査一課の刑事)
高岡ちひろ …… 馬渕英俚可 (義一の娘。ブティック店員)
長沢智世 …… 小出ミカ (15年前に殺害された女子大生)
西孝介 …… 久松信美 (智世の婚約者)
石黒喜久雄 …… 有川博 (石黒ギフトの社長、資産家)
石黒信也 …… 加々美正史 (喜久雄の一人息子)
長沢 …… 大原真理子 (智世の母、義一から手紙をもらう)

相棒シーズン5 8話のストーリー内容

処刑に近い立川町の事件の犯人と思われる男が、ラジオ番組の犯行を告白した。この男は15年前の事件現場にいて、犯罪者だけが知っている事実を手配している。偶然にも、ラジオを聞いていた宇都宮(水谷豊)と薫(テルワキヤスフミ)が事件現場を急いでいた。しかし、男はすでに逃げたようで、犯人だけが知っている殺人の赤いリボンだけが残っている。

この事件は当時の女性大学生の智井(小出美香)が、立川町の特定のアパートの屋根に赤いリボンを刺した人が絞殺された事件である。最近高病院に入院した高岡副会長(木下勝美)の事情を聞いたウヨ、薫は、15年間病気になっていたが、代わりに彼に犯人を贈って欲しいと懇願された。
高岡の入院のタイミングと犯人の告白の時期は、奇妙なものです。高岡さんの入院を知っていた人物を調べ始めた疑いがあるのは、高岡の娘ちひろ(マブチ・ヒデアキ)は、母親が亡くなっても捜査を優先させた父親とは隔離されている。彼は、母親の祭壇に報告する以外は誰にも言わなかったと言った。結局、犠牲者・朋友の両親、元婚約者西(久松信義)は、高岡の入院を知っていることを知っています。声の質から、西側が犯罪者であると思われるラジオに登場したことがわかります。
高岡市の病院入院は危機を迎え、意図的に警察を誘発し、捜査を刺激しようとした。

私はラジオの人が犯人ではなかったことに気付き、その事件は洗濯物に戻った。高岡の人生が長くないことを知っていた薫は、千尋に高岡に向かい、頭を下ろすよう指示します。しかし、頑固な千尋は父親を許しません。
高岡は病院から脱出した。タチバンチョの近所を守っていた宇治と薫は、タカオカでラジオの男がタクシーで帰ってきたという情報を高岡から受け取ります。ラジオの男が西にいることは知らないらしい。アパートの犯罪防止ビデオのイメージを確認したウチキョウなどは、再び間違いで現場に来る高齢者を発見する西。どうやら、男が乗ったタクシーを使ったようだ。その男は何を車で早朝のシーンに駆けつけたのですか?

運転手から西へ乗って帰ってきたタクシーを見つけたウヨさんなどが、高齢者に関する情報を得る。その男は彼の家から得たようだが、彼はとても大きな家だ。うよと薫は家の近くの主婦に聞きます。 「赤いリボン」に慣れ親しんでいる石黒贈り物の石黒(有澤浩)社長だと言われています。妻を失った石黒さんは長男がいますが、現在はアメリカで海外に留学しています。浮子教授は、長男が日本に在籍していた大学の名前を尋ね、Isami氏に質問した。アイデンティティ調査のため。また、その時代のセミナーからの話を聞くなど、調査の輪を狭めている。

私がそのラジオ放送の一例がある日にアパートに行ったことを認めて、石黒と薫の前に石黒がいます。実は、立ちちんち事件の犯人は新谷(小見正士の息子)です。突然、石黒さんはラジオから来た「犯罪者の告白」を邪魔して現場に駆けつけた。
初めはウヨーなどから事実を否定した石黒であるが、神谷が提出した論文の指紋が犯人の指紋と一致したことを知り、すべてを告白した。真也は母親に不倫のために自殺するよう義務づけられた父親を嫌っていたため、父親の復讐を成就し、不倫相手に似ており、トモヒロを殺害した。しかし、シンヤは米国で偶発的に死亡し、事件の後一年間海外に留学しました。

 

動画サイトの見方と注意

Youkuの見かた

Youkuで相棒シーズン5を見るときは最初に必ず70秒ほどの広告が流れるようになります。
この広告はスキップする事はできないのでここは我慢してください。

広告が終われば自動的に本編が再生されるのであとは最後まで見れます。
画面をフルスクリーンにする事も出来ますが、画質が粗い場合があるのでモニターサイズによってはそのまま見たほうが見やすい場合があります。

見放題