相棒シーズン14 第13話「伊丹刑事の失職」無料動画

別動画サイト

相棒シーズン14 13話の情報

タイトル :伊丹刑事の失職
放送日 :2016年1月27日
視聴率 :15.3%

ゲスト出演者

柏田隆弘 …… 野仲イサオ (日刊プレス・編集長)
今井将司 …… 大場泰正 (日刊プレス・記者)
加納美咲 …… 田中えみ (ラックスツアーズ」元社員、転落死)
峰岸圭一 …… 志村東吾 (ラックスツアーズ」社長)
大庭泰三 …… 丹羽貞仁 (宮子の息子、オオバ水道)
大庭宮子 …… 松風はる美 (2千万詐欺にあった)

相棒シーズン14 13話のキーワード

 

相棒シーズン14 13話のストーリー内容

事件の真実を綴った犯罪者の手紙を、新聞が見つけた
自殺という誤った殺人が犯罪の危機に陥っている伊丹!

1月には、伊丹(河原和久)が自殺した女性が死亡したことが「実際に殺人者」だったと告白した犯罪捜査犯罪捜査犯の報道陣が1月に報じた。また、犯罪者が知っている情報だけでなく、犯罪の動機と偽装の状況も書かれていました。責任を問われた伊丹は新聞社に実際の資料を提出するよう要請したが、拒否され、柏和田(能サカ功)編集長を一応捨てた。その時、被災者の女性が半年前に勤務していた旅行代理店を訪れたのは、浮世(水谷豊)と栄子(そり町ソリマチ)でした。応答に来た大統領は、意志と思われる電子メールを受け取った人でしたが、会社を辞めて以来、個人的なつながりはありませんでした。一方、問題の新聞には、「犯罪暴行の編集長」という記事が掲載されている。問題と考えていた内村犯罪ディレクター(片桐竜二)は、伊丹警察の手帳を取り上げ、自宅で拉致を命じた。彼の退職と欲求不満のために空腹になった伊丹は、彼が「最後の事件」であったとしても、その刑を無視して調査と調査を続けている。そして、このスクープをスキップした今井(大畑康正)という記者が、予期せぬ手がかりをもたらす。

女性を投げ殺し、殺人事件の記録を綴った加害者は誰ですか?
「最後の事件」に犯罪者として挑戦する準備をした伊丹の運命!
混乱してはいけない二人の人は、秘密の事件に挑戦する!

動画サイトの見方と注意

Dramacoolでの見かた

Dramacool で見る場合は真ん中の再生ボタンをクリックします。
この時、別画面で広告が何回か表示されますがそれは全部「×」で閉じてしまってください

強制的に広告ページを見た後に動画が再生されます。
動画が再生されればあとはyoutubeと同じで最後まで見ることができます。

再生速度が遅いときは

動画再生が遅いときは、見る動画サイトを変更してみてください。
アップロードされている動画サイズが大きいと途中で止まったりする事があります。

その場合はしばらく停止して10分ほどまってからまた見るとスムーズに見れることがあります。

無料サンプル見放題