相棒シーズン15 第10話「帰還」無料動画

別動画サイト

相棒シーズン15 10話の情報

タイトル :帰還
放送日 :2017年1月1日

ゲスト出演者

廣田和志 …… 益田恭平 (21歳、3人組・誤認逮捕)
池部大雅 …… 本田聡 (22歳、3人組・誤認逮捕)
高木翔伍 …… 水沼天孝 (20歳、3人組・誤認逮捕)
八木文香 …… 太田彩乃 (黒水町民、半田を誘惑)
城嶋利彦 …… 外川貴博 (本庁の刑事、見崎の死後捜査を引継ぐ)
西野貴博 …… 石田尚巳 (31歳、地域課、巡査部長・被害者)
紀藤孝幸 …… (22歳、地域課、巡査・被害者)
駒形等 …… (40歳、警邏課・被害者)
佐藤範巳 …… (25歳、生活安全課・被害者)
ピアニスト …… 金井信
タカハシ …… コッセこういち (8年前抗議の自殺)
警視総監の秘書 …… 千田美智子 (電報が来ていると・・)

相棒シーズン15 10話のキーワード

 

相棒シーズン15 10話のストーリー内容

右京(水谷豊)とさとり(いり町たかし)では、郊外の寝室黒水(黒津)町の住宅地に一時的な変更命令がありました。黒塚は問題のある警官の源になると噂されている駅だった。その夜、東京では、警察将軍の七夕将軍(長島俊行)を取り囲む会合が開催された。東京で浄化作業の成果を収めた塩田の党で、副会長の金笠(大杉レン)と秋の鉱山(石坂浩二)も現場に現れました。また、以前の学校のある人物を積極的に受け入れ、寂しい町を復活させるプロジェクトに取り組んでいる黒木町市長(和島富智市長)も出席しました。会場では、送信者の未知の電報が市田に到着します。子供のようなラテン的な文章と熊が描かれていましたが、それを見たShikidaは何とか揺られました…!

翌日、黒木駅に到着したうこよしと渡良さんは、前身が変わった理由を憂慮して調査を始めます。その後、駅に住んでいた2人の警官のほかに、黒本部有本さん(森岡豊)の懲役刑がなくなったことが判明しました。ウヨヨとワタールは、消滅場所となった住宅地の住民からの話を聞くが、収穫はゼロである。しかし、最後にアリモトが乗っていた警察の車から血液反応が検出され、2人が何かが起こったと確信しています。そこで、女性誌ジャーナリストYuko Yukinoku(伊藤歩)が登場する。彼女は、黒木署の警察官の継続的な失踪事件を追及しようとしていると言って、警察の管理下でも機密情報を持っていた。

その後、宮山宮子(中山由紀恵)にインタビューの脚光を浴びたのは女性でしたが、「コメントなし」と触れられました。しかし、それを含めて、私は警察官の無能な行方不明の事件を私のニュース番組で報告します。一方、黒潮町で捜査を行っていたウヨヨ氏は、市長とのヒントからヒモを知る。和:町の活性化にとって重要な志をもった「人」であると言われていますが、現在の政策に満足していない人たちがいます。「就学前には優遇措置は何もない”警察の中に。そこには、屋久島と上京の話が出ています。なぜなら、将軍将軍の吉田警察からの捜査をやめさせる何らかの圧力が働いているからです。一方、旧容疑者である黒木町に住む牧野(平岡琢磨)を見守っていた犯人が、塩田氏の指示に応じて告発された。作業現場では、シイタに送られた電報と同じフレーズがラテン語の “私は獣として帰る”と書かれていました。この事件は、消滅している警察官がすでに死亡しており、かつてない状況に向かう緊張が高まる可能性を高める。

死亡事件の後ろに投獄された警察将軍。警察官殺害事件にも関連していますか?
女性ジャーナリストの危険なネタ飛び飛んでいるスクープ… … …?
マイコ、オコチ、さらには伊丹調査部でも専門家の調査に協力し、
私は、東京の郊外で進歩する凄惨な事件や権力の巨大な暗闇を解明しよう!

動画サイトの見方と注意

Dramacoolでの見かた

Dramacool で見る場合は真ん中の再生ボタンをクリックします。
この時、別画面で広告が何回か表示されますがそれは全部「×」で閉じてしまってください

強制的に広告ページを見た後に動画が再生されます。
動画が再生されればあとはyoutubeと同じで最後まで見ることができます。

再生速度が遅いときは

動画再生が遅いときは、見る動画サイトを変更してみてください。
アップロードされている動画サイズが大きいと途中で止まったりする事があります。

その場合はしばらく停止して10分ほどまってからまた見るとスムーズに見れることがあります。

無料サンプル見放題