相棒シーズン15 第5話「 ブルーピカソ」無料動画

スポンサードリンク

動画を見る前にポチっと応援お願いします。

別動画サイト

相棒シーズン15 5話の情報

タイトル :ブルーピカソ
放送日 :2016年11月9日

ゲスト出演者

三上史郎 …… 斉藤陽一郎 (画家、宮城出身)
古澤俊文 …… 堀内正美 (古澤画廊の主人)
山本貴和子 …… 森尾由美 (“磯田オークション”社員)
磯田一輝 …… 坂西良太 (“磯田オークション”社長)
小川加奈 …… 仲村瑠璃亜 (“磯田オークション”社員)
筒井宏次朗 …… 下総源太朗 (不動産ブローカー)
中村沙織 …… 新橋耐子 (ブルーピカソの鑑定を求める)
井上 …… 小林尚臣 (喫茶店”CLOWN”のマスター)
オークション参加者 …… 南風佳子 (三上と磯田のことを話してくれる)
シニアハウスパシフィック湘南荒磯スタッフ …… 井上あかね
黄緑のランニングマン …… 荒川浩平

相棒シーズン15 5話のキーワード

 

相棒シーズン15 5話のストーリー内容

特定の休日、うきうき(水谷豊)が出会った絵のオークション会場(味里町隆)に少し騒ぎが起こる。三上自らは出品していた三上史郎氏(斉藤洋一郎)氏の画家で、オークションを拒絶するため「オークションを拒否する」と訴えた。その夜、三上は歩行者の橋から落ちる。伊丹(河原一二)調査部は、自殺と殺人の両面から捜査を開始する。そして、三上と画家として三上を育てる親と言われるオークション会社の社長である三上氏(坂西良太)との間に不和があったことが分かります。事件に興味のあるウヨヨさんは、伊丹田さんの会社に渡田さんを訪問します。そして、磯田と従業員の貴族子(森尾由美)はお互いに干渉し合っています。ブルーピカソは、「青い時代」と呼ばれる一連の作品で、友人の自殺を目の当たりにしたピカソは暗いタッチの絵だけを描いた青い絵の具、それは持って来た絵が偽造品だったことを示しています。桑田氏は本物の可能性が高いと主張しています。実際、持ち込まれた絵は、8年前に偽造品に取って代わられていた作品のようなものでした。一方、三上が転落する直前に、歩行者の陸上の誰かと戦っているという目撃情報に目撃情報が飛び込んだ。さらに、偶然の一歩を踏み出した三木は、一度ソロショーを開催していたことを確認しています…!

動画サイトの見方と注意

Dramacoolでの見かた

Dramacool で見る場合は真ん中の再生ボタンをクリックします。
この時、別画面で広告が何回か表示されますがそれは全部「×」で閉じてしまってください

強制的に広告ページを見た後に動画が再生されます。
動画が再生されればあとはyoutubeと同じで最後まで見ることができます。

再生速度が遅いときは

動画再生が遅いときは、見る動画サイトを変更してみてください。
アップロードされている動画サイズが大きいと途中で止まったりする事があります。

その場合はしばらく停止して10分ほどまってからまた見るとスムーズに見れることがあります。

スポンサードリンク