相棒シーズン15 第7話「フェイク」無料動画

スポンサードリンク

動画を見る前にポチっと応援お願いします。

別動画サイト

相棒シーズン15 7話の情報

タイトル :フェイク
放送日 :2016年11月23日

ゲスト出演者

高木翔太 …… 黒澤宏貴 (世田谷西署の管轄内で誘拐事件)
高木美奈子 …… 安達祐実 (翔太の母、シングルマザーでパート勤務)
中山広斗 …… 寺内勇貴 (息子)
中山有里 …… 木下あゆ美 (広斗の母。宝石商)
中山良人 …… にわつとむ (有里の夫)
吉岡琢磨 …… 坂田雅彦 (世田谷西署捜査本部の捜査官・ハゲ)
結城守 …… 平井真軌 (世田谷西署捜査本部の捜査官)
保田里佳子 …… 小出ミカ (世田谷西署・雑務)
恵南保 / 西田正夫 …… 裵・ジョンミョン (誘拐犯、3年前まで警官)
佐藤 …… 片岡富枝 (美奈子の隣家)

相棒シーズン15 7話のキーワード

 

相棒シーズン15 7話のストーリー内容

世田谷セシシの管轄内で誘拐事件が起きた。死亡した小学生2人の少年、翔太(黒澤弘樹)が死体に発見された。捜査本部に来て捜査に来た宇都宮(水谷豊)と渉(そりみちさとみ)は、駅で身体を確認し、突然呆然としていた翔太の母・美子子。専門家に捜査を依頼したい伊丹(川原一彦)は、奈南子に家に送ってもらうよう依頼するが、ウヨはその役割を忘れて本部に足を踏み入れる。青木(あさりよしけ)の動きで本部に入ったうこは、青木からの事件の概要を聞く。誘拐されたのは、弘子さん(小学生、寺内由紀)で、犯罪者は両親の電話で3億円を求めたという。 Shotaの体は10時間後の午前中に発見されたが、本部では裕福な家庭だけにShutaだけが関与していたことが犯人の目的だった。その間にミナコに追いついた渡来は、意外に自分自身を笑っているのを目の当たりにした。また、アパートに送ると、部屋に入った子供と話している声が聞こえます。なぜShotaと一緒に暮らすことになっていますか?当時、犯罪者から身代金を払う方法を知らせるために、本部に電話がかけられました。本部では、犯罪者に身代金を一度受け取り、追跡し、隠れ場所を特定させるという方針を決めました。次の日、本部は配達の準備として、身代金を指定された場所に運んでいる広尾の母親、ひろき(木下あゆみ)の周りの皆のための基礎を築いた。その間に、ウヨは犯罪者の行動に疑念を抱いていた。

両手で壊れた特殊キャラクター。王によってマークされた犠牲者の母に不審な動き…
一方、ウキョウは、誘拐犯の巧妙な計画を見出し、人質を救出することができますか?
最悪の状況から始まった誘拐事件は、これまでにない予期せぬ驚異的な結末を迎えます!

動画サイトの見方と注意

Dramacoolでの見かた

Dramacool で見る場合は真ん中の再生ボタンをクリックします。
この時、別画面で広告が何回か表示されますがそれは全部「×」で閉じてしまってください

強制的に広告ページを見た後に動画が再生されます。
動画が再生されればあとはyoutubeと同じで最後まで見ることができます。

再生速度が遅いときは

動画再生が遅いときは、見る動画サイトを変更してみてください。
アップロードされている動画サイズが大きいと途中で止まったりする事があります。

その場合はしばらく停止して10分ほどまってからまた見るとスムーズに見れることがあります。

スポンサードリンク